• 大学院入試の受験対策ガイダンス
  • サイトマップ
  • 大学院受験の通信教育 デルタ・プラス

大学院入試の攻略法を配信

受験の進め方や各科目の勉強法などをメルマガ形式で毎日配信する無料のメール講座です。登録は こちら から

大学院英語の参考書
『大学院入試の英文法』

大学院入試の英文法

大学院英語を攻略する上で必要な英文法がこの一冊にまとまりました。入試英語の読解法や和訳のコツがわかりやすく解説されています。大学院入試で合格点を取ることにこだわって作られた参考書です。 詳しくは 『大学院入試の英文法』 から。

大学院入試対策 長文英語和訳添削講座
当サイトへのお問い合わせ
臨床心理士指定大学院受験情報局
心理学用語集 サイコタム

専門科目について

大学院入試 > 入試科目の対策 > 専門科目について

専門知識+論述力が鍵となる

専門科目は、受験生がその専門分野にどれだけ精通しているかを試す試験です。
大学入試にはない、大学院入試特有の試験と言えるでしょう。

出題形式で多いのが、その分野の専門用語を限られた字数で説明する問題や論述問題です。

「専門」と聞くと、すごく高度なことが問われそうなイメージがあるかもしれませんが、
大学の授業レベルをきちんと理解しておけば、解答できる問題がほとんどです。

大学の学部と同じ研究科を目指すのか、それと他分野の研究科を目指すのかで、
基礎力は異なるか思いますが、まずは復習の意味もかねて、
教科書や概論書のようなものを一冊読み通すことから始めましょう。

そして、その分野のベースとなる知識を身に付けてから、
専門的な書籍を読んで、より理解を深める
というのが、専門科目の対策法となります。

基礎的な知識がしっかりと身についていないのに、
専門的な勉強をしても、理解は十分に定着しないものです。

専門用語を自分なりにまとめていくのも、いい練習になるはずです。
論述問題は書かせる問題です。
内容を理解したつもりでも、いざ実際に書くとなると、
普段からの練習を積んでいないと、なかなか説明できないものです。

専門科目の勉強法 制限字数は最低でも100字以上、中には数百字にも及ぶ場合もありますので、
ある専門用語の意味だけではなく、その提唱者や背景まで理解し、
説明できなければ、なかなかそれだけの字数を埋めることは難しいでしょう。

「専門知識を修得する」

「論述力を鍛える」

この2つが、専門科目の勉強を進める上で、押さえておくべきポイントとなるでしょう。

具体的な対策としては、問題集などがあればそれを解くのもよいでしょうが、
残念ながら、研究科ごとに分けて専門科目をまとめたものは、あまり市販されていません。

まずは、志望校の過去問を取り寄せて、出題傾向を探りましょう。
そして、問われやすい分野を中心に自分なりに専門用語をまとめていく
のが、
ベストな勉強法と言えるでしょう。まとめる際は実際の試験のように、
制限字数を設定すると、良い練習になるはずです。

1週間で大学院入試の必勝法が分かる無料セミナー開催中

大学院入試は大学受験と科目や難易度が異なるだけでなく、
「研究内容」が深く関わる試験です。
そのためレベルも高く、きちんとした対策を行う必要があります。

そこで、大学院進学を考えている方を対象に、その勉強法や効果的な入試対策を解説した
無料のメールセミナー【大学院受験7つの必勝法】のサービスを開始しました。
このメールセミナーで学んだことを、ご自身の大学院受験や勉強法に取り入れていただければ、
志望校合格に役立つこと間違いありません。

このメールセミナーについての詳しいカリキュラムは 「大学院受験の7つの必勝法」 をご覧ください。
まずは下記のフォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の必勝法をお届けします。

大学院受験の7つの必勝法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
大学院受験に役立つ英語和訳メルマガも特別に配信させていただきますので、
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。