• 大学院入試の受験対策ガイダンス
  • サイトマップ
  • 大学院受験の通信教育 デルタ・プラス

大学院入試の攻略法を配信

受験の進め方や各科目の勉強法などをメルマガ形式で毎日配信する無料のメール講座です。登録は こちら から

大学院入試対策 長文英語和訳添削講座
当サイトへのお問い合わせ
臨床心理士指定大学院受験情報局
心理学用語集 サイコタム

面接の対策

大学院入試 > 入試科目の対策 > 面接の対策

大学院の口頭試問(面接)は、筆記試験と同日、もしくは筆記試験を合格した受験生だけに
2次試験として課している大学院がほとんどです。

筆記試験だけでは分からない、受験生の性質や心構えを図る手段として、
一般入試でも社会人入試でも、口頭試問は必ずと言っていいほど実施されます。

たいてい口頭試問の会場は、複数の面接官がいます。
そして、個別面接の場合もあれば、複数の受験生を同時に面接することもあります。

中には、「大学院ではこんな研究を実施するのは到底無理ではないか」などと、
厳しい質問をする圧迫面接をあえて行う大学院もありますが、
きちんと準備を整え、動じることなく、いつもの調子で回答するようにしてください。

どのような面接形態であれ、大学院側が見たいのは、
あなたの志望動機や研究に対する心構えなのです


面接の効果的な対策

口頭試問は研究計画書をベースに質問されることがほとんどです。 事前に提出することになる研究計画書の内容はもちろんのこと、 不備な箇所があれば、厳しく追求されることでしょう。

したがって、研究計画書をきちんと作成することが、 口頭試問の対策にもなります。

口頭試問で質問される事項は次のようなものが一般的です。
大学院入試の面接対策
●大学院への志望動機
●研究の方向性
●なぜこの研究を選んだのか
●大学院卒業後の進路

この中でも、気をつけて欲しいのは志望動機です。
なぜ、他の大学院ではなく、その大学院を選んだのか、
ということを答えられるようにしておきましょう。

通学に便利だから、金銭的な問題で、という実情ではなく、
自分のやりたい研究が、その大学院に所属する教員の研究の方向性と
合致したから、など相手を納得させられるような志望理由を事前に考えておいて下さい。

そのためには、その大学院にどんな教授や教員が所属しているのか、
どんな研究を行っているのか、大学院のサイトや募集要項等で、
あらかじめチェックしておくこと
は欠かせません。

口頭試問本番は、特に集団面接だと、他の人の回答を横で聴いて、
緊張するかもしれませんが、自分のペースで落ち着いて回答するようにしてください。

1週間で大学院入試の必勝法が分かる無料セミナー開催中

大学院入試は大学受験と科目や難易度が異なるだけでなく、
「研究内容」が深く関わる試験です。
そのためレベルも高く、きちんとした対策を行う必要があります。

そこで、大学院進学を考えている方を対象に、その勉強法や効果的な入試対策を解説した
無料のメールセミナー【大学院受験7つの必勝法】のサービスを開始しました。
このメールセミナーで学んだことを、ご自身の大学院受験や勉強法に取り入れていただければ、
志望校合格に役立つこと間違いありません。

このメールセミナーについての詳しいカリキュラムは 「大学院受験の7つの必勝法」 をご覧ください。
まずは下記のフォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の必勝法をお届けします。

大学院受験の7つの必勝法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
大学院受験に役立つ英語和訳メルマガも特別に配信させていただきますので、
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。