• 大学院入試の受験対策ガイダンス
  • サイトマップ
  • 大学院受験の通信教育 デルタ・プラス

大学院入試の攻略法を配信

受験の進め方や各科目の勉強法などをメルマガ形式で毎日配信する無料のメール講座です。登録は こちら から

大学院英語の参考書
『大学院入試の英文法』

大学院入試の英文法

大学院英語を攻略する上で必要な英文法がこの一冊にまとまりました。入試英語の読解法や和訳のコツがわかりやすく解説されています。大学院入試で合格点を取ることにこだわって作られた参考書です。 詳しくは 『大学院入試の英文法』 から。

大学院入試対策 長文英語和訳添削講座
当サイトへのお問い合わせ
臨床心理士指定大学院受験情報局
心理学用語集 サイコタム

大学時代のノートの効果的なまとめ方

大学院入試 > 合格者の勉強法 > 大学時代のノートの効果的なまとめ方

大学時代のノートの効果的なまとめ方

(学習院大学大学院 政治学研究科 合格)

大学院合格者の勉強法 ノート 大学院受験をする際、特に専門科目を勉強する時に大学の授業で取ったノートを見ることが多いと思います。 大学時代にノートの取り方を少し工夫することで、後から見た場合に要点が分かりやすくなり、専門科目の勉強にも役立ちます。

先生の重要な話しをまとめる

私はまずページの左から3分の1あたりのところで線を縦に引き、1ページにつき左右2ヶ所書き込めるようにしていました。 右側は先生が授業で板書していたことを書きました。これは一般的なノートと同じです。 しかし、私は左側の欄に、先生が授業中に話した内容で重要だと思ったことを書くようにしていました。

よく書いていたのは先生が話す例示や主張です。これを左側にメモしておくことで、 板書だけでは意味の分かりづらい大学ノートもかなり理解しやすくなります。 大学院合格者の勉強法 ノート くだらないことでも書き出しておくことで、後で見返した時に授業のシーンが思い出されるので、記憶の定着に役立ちます。 ただし、先生の話し言葉を中心に書き取ることになるので、速記が求められます。波線や矢印などを多用すると速く書けるようになるでしょう。

自分の意見を持つこと

また、先生の話を聞いて、それいついて自分がどのような意見を持ったか、も左側の欄に書くようにしていました。先生はこう言っていたが、 自分はこの観点からこう思うなど、賛成論、反対論も含めて書くようにしていました。 大学の定期テストや専門科目の試験では「〜についてあなたの意見をまとめなさい」という、 問題に対して賛成か反対かどちらかの立場で意見をまとめる論述問題が出題されることがあります。 大学院合格者の勉強法 ノート 日頃の授業で自分の意見をまとめていると、授業の内容を体系的により深く理解できるようになるので、 こういう問題が出題された場合でも、うまく解答することができるようになります。 また、先生の話した具体例を書いておけば、論述問題で字数的に抜けがあった場合でも、補うことができます。

高校とは違う大学の授業

大学は高校とは違い、科目ごとに教科書があるわけではありません。中には数枚のレジュメしか配られない授業もあります。 また高校のように先生が丁寧に板書してくれるわけではありません。 ですから後から見ても分かりやすいノートになるかどうかは、学生次第なのです。 私は常に批判的な意見を持って授業に臨むようにしていました。 大学院合格者の勉強法 ノート とはいっても頭ごなしに反対だ、と思うのではありません。批判的な意見を持つためには、 その分野の主軸となる主張を理解できていないとできないのです。 つまり、批判的は意見を論理的に述べられるというのは、その授業の内容をしっかりと理解しているということに繋がるのです。 このように、普段の授業からノートの取り方や意見の持ち方を変えるだけで、 テスト対策になるだけでなく、大学院入試にも役立ちます。 ただ板書するだけでの高校生のようなノートの取り方は見直すことをおすすめします。

※各ノートの画像はクリックすると拡大画像を見ることができます。

 このページのトップへ

1週間で大学院入試の必勝法が分かる無料セミナー開催中

大学院入試は大学受験と科目や難易度が異なるだけでなく、
「研究内容」が深く関わる試験です。
そのためレベルも高く、きちんとした対策を行う必要があります。

そこで、大学院進学を考えている方を対象に、その勉強法や効果的な入試対策を解説した
無料のメールセミナー【大学院受験7つの必勝法】のサービスを開始しました。
このメールセミナーで学んだことを、ご自身の大学院受験や勉強法に取り入れていただければ、
志望校合格に役立つこと間違いありません。

このメールセミナーについての詳しいカリキュラムは 「大学院受験の7つの必勝法」 をご覧ください。
まずは下記のフォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の必勝法をお届けします。

大学院受験の7つの必勝法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
大学院受験に役立つ英語和訳メルマガも特別に配信させていただきますので、
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。