• 大学院入試の受験対策ガイダンス
  • サイトマップ
  • 大学院受験の通信教育 デルタ・プラス

大学院入試の攻略法を配信

受験の進め方や各科目の勉強法などをメルマガ形式で毎日配信する無料のメール講座です。登録は こちら から

大学院英語の参考書
『大学院入試の英文法』

大学院入試の英文法

大学院英語を攻略する上で必要な英文法がこの一冊にまとまりました。入試英語の読解法や和訳のコツがわかりやすく解説されています。大学院入試で合格点を取ることにこだわって作られた参考書です。 詳しくは 『大学院入試の英文法』 から。

大学院入試対策 長文英語和訳添削講座
当サイトへのお問い合わせ
臨床心理士指定大学院受験情報局
心理学用語集 サイコタム

大学院情報と質問回答集

大学院入試 > 大学院情報と質問回答集 > 質問回答集 > 大学院入試に関する質問

研究室訪問に関して研究室との連絡の取り方や訪問の仕方を教えてください。

まず、連絡の取り方ですが、大学院サイト等からメールアドレスが お分かりならば、希望の研究室の教員にメールを直接送ってみるとよいでしょう。 もしメールアドレスがわからない場合はお手紙をお送りすればよいかと思います。

内容としては、自己紹介や、ご自分がどんな勉強をしたいのか、 なぜその教員の指導を受けたいのか、 を簡潔にかつわかりやすく説明することが必要です。

次に研究室訪問の仕方ですが、特に決まったやり方があるわけではありませんが、 訪問に至るまでに何度か教員とメールのやりとりがあるでしょうから、 それに従う形で問題ないでしょう。 実際に伺う際は自分がその研究室を志望する理由や、 大学院でやりたい研究内容はきちんと言えるようにしておきたいですね。

ただし、研究室訪問は必ずしも必要ではありません(例外もありますが)。 大学院の教員はお忙しいですから、ご無理を強いることは避けたいところですね。 研究室訪問が可能かどうかは、事前に募集要項を見るか 研究科事務室に問い合わせるなどして確認しておきましょう。

 このページのトップへ

1週間で大学院入試の必勝法が分かる無料セミナー開催中

大学院入試は大学受験と科目や難易度が異なるだけでなく、
「研究内容」が深く関わる試験です。
そのためレベルも高く、きちんとした対策を行う必要があります。

そこで、大学院進学を考えている方を対象に、その勉強法や効果的な入試対策を解説した
無料のメールセミナー【大学院受験7つの必勝法】のサービスを開始しました。
このメールセミナーで学んだことを、ご自身の大学院受験や勉強法に取り入れていただければ、
志望校合格に役立つこと間違いありません。

このメールセミナーについての詳しいカリキュラムは 「大学院受験の7つの必勝法」 をご覧ください。
まずは下記のフォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の必勝法をお届けします。

大学院受験の7つの必勝法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
大学院受験に役立つ英語和訳メルマガも特別に配信させていただきますので、
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。