• 大学院入試の受験対策ガイダンス
  • サイトマップ
  • 大学院受験の通信教育 デルタ・プラス

大学院入試の攻略法を配信

受験の進め方や各科目の勉強法などをメルマガ形式で毎日配信する無料のメール講座です。登録は こちら から

大学院英語の参考書
『大学院入試の英文法』

大学院入試の英文法

大学院英語を攻略する上で必要な英文法がこの一冊にまとまりました。入試英語の読解法や和訳のコツがわかりやすく解説されています。大学院入試で合格点を取ることにこだわって作られた参考書です。 詳しくは 『大学院入試の英文法』 から。

大学院入試対策 長文英語和訳添削講座
当サイトへのお問い合わせ
臨床心理士指定大学院受験情報局
心理学用語集 サイコタム

法科大学院とは

大学院入試 > 大学院の特徴と種類について > 法科大学院とは

法曹界を目指す人を対象とした大学院

法科大学院とは、法曹に必要な知識やスキルを得るための大学院です。
法学未修者の場合は3年、法学既修者の場合は2年と修業期間となっています。
修了すると新司法試験の受験資格と法務博士の学位が与えられます。

つまり、弁護士、検事、裁判官といった職種に就きたい場合、
まずは司法試験の受験資格を得るために法科大学院への入学が絶対となるわけです。

法科大学院修了者は5年以内に3回まで新司法試験を受験することができます。
万一3回とも不合格の場合は再度法科大学院に入り直して、
受験資格を得てから、また司法試験を受ける形になります。

入学試験について

入学試験は、1次の共通試験と2次の各大学院での個別試験があります。

1次の共通試験は「法科大学院適性試験」とも称され、
法的思考に欠かせない論理力、判断力などを見極める試験となっています。

法科大学院適性試験は大学入試センターが実施する試験と、
財団法人日弁連法務研究財団が実施する試験の2種類があり、
どちらを受験するかは、志望する大学院の指定によります。

マークシート方式の2部構成で、第1部が推論・分析力問題、第2部が読解・表現力問題となります。
第1部は論理パズルを解かせる問題、第2部はセンター試験の国語の長文読解問題に
近い形式となります。

2次試験は筆記試験や面接試験が行われます。
筆記試験は論文形式のところがほとんどで、
法的な題材もあれば、一般的な時事に関する意見を求められる問題もあります。

将来の法曹界を担う一員として、いかに論理的にかつ的確に自分の意見をまとめられるか
という力を試されていると言えるでしょう。
その意味では小論文の勉強を普段から実践することが効果的であると言われています。

1週間で大学院入試の必勝法が分かる無料セミナー開催中

大学院入試は大学受験と科目や難易度が異なるだけでなく、
「研究内容」が深く関わる試験です。
そのためレベルも高く、きちんとした対策を行う必要があります。

そこで、大学院進学を考えている方を対象に、その勉強法や効果的な入試対策を解説した
無料のメールセミナー【大学院受験7つの必勝法】のサービスを開始しました。
このメールセミナーで学んだことを、ご自身の大学院受験や勉強法に取り入れていただければ、
志望校合格に役立つこと間違いありません。

このメールセミナーについての詳しいカリキュラムは 「大学院受験の7つの必勝法」 をご覧ください。
まずは下記のフォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。
登録されたその日に、早速1つ目の必勝法をお届けします。

大学院受験の7つの必勝法 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。
大学院受験に役立つ英語和訳メルマガも特別に配信させていただきますので、
アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。